日本人差別法 『本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律』 の廃止を目指すブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【いわゆる、自称韓国人俳優ユ・ミンソン暴言事件】普通の日本人は言葉のイントネーションから韓国人だと的確に判断することは可能か!?

👍おすすめ記事セレクション


  1. 👉【いわゆる、ヘイトスピーチ解消法の実態】 大月短期大学名誉教授・小山常実さん 「ヘイトスピーチ解消法には日本人に対するヘイト、憎悪が込められている」
  2. 👉【内容も不公正・デタラメなら手続きも不公正・デタラメ!】 『不公正・出鱈目な手続きで可決されたヘイト法……参院法務委員会議事録等を読む(1)』 小山常実氏の記事より転載
  3. 👉日本人差別法(いわゆるヘイトスピーチ解消法)成立は、不逞な国会議員やマスコミによる事実関係(JR川崎駅前暴力事件)の捏造を背景としていた。
  4. 👉【日本人を差別する在日特権】 在日外国人高齢者福祉給付金について桜井誠氏と関西の活動家等が追及!(2011年:神戸市役所にて)
  5. 👉【特別永住者の特権=一般の在日外国人に対する差別特権】 特別永住資格という優遇制度について 【特別永住者の約9割が在日朝鮮民族:出稼ぎ、徴用、密入国者】

 

f:id:wasavi0032016:20170506160720j:plain

 (出典先)DOZ / ありがとうごじゃいます - YouTube

 

(序文)

前回、前々回と京都の某ラーメン店で起こった、自称韓国人俳優:ユ・ミンソン氏に対する暴言事件について書いて参りましたが、今回は違った視点からこの事件について書き記してみました。

 

上記、画像の二人の男性、2007年にデビューしたDOZ(ディーオージー)という韓国のヒップホップユニットなのだそうです。

京都の例の事件とは直接的にも間接的にも全く無関係ですが、ではなぜDOZ(ディーオージー)の画像をトップに貼りつけたのかというと、実は韓国人特有の発音から例の事件の真相が導き出されるのではないかと考え、DOZ(ディーオージー)をもってきたということですが、

 

DOZ(ディーオージー)は2010年8月23日に『ありがとうごじゃいます』という曲を韓国でリリースし、同年12月8日に日本でも発売されたもので、当初、日本のツイッターを通じて広まり、“最も中毒性の高い動画”としてYouTubeで100万再生を突破したとのこと。(ウィキペディアより)

 

曲に関する解説がウィキに掲載されていましたので、一部引用したものが下記

ありがとうごじゃいます - Wikipedia

1曲目の「ありがとうごじゃいます」は「ありがとうごじゃいます」をひたすら連呼している歌であり、それが日本のツイッターYouTubeニコニコ動画内で注目を浴びる。 DOZは「日本へ行ってしまって別れた彼女への想いを日本語で伝えたい、でも自分が知っている日本語はただひとつ『ありがとうごじゃいます』だった」と語っており、曲の途中に出てくる韓国語の台詞は「日本語学校に通ったが、3年経ってもカタカナもできない」、だから「すみません」とのこと。

朝鮮語には「ざ」という発音が存在しないので「じゃ」という発音を用いている。

 

赤い文字のところ、特に注目して頂きたいのですが、朝鮮語には「ざ」という発音が存在せず「じゃ」と発音をするようです。

因みに、曲を聴いたところ「ありがとうごじゃいます」ではなく「アリガトゴジャイマス」って聴こえます。「う」の発音が抜けていることに気が付いた。

 

だからなに?って思われた方も多いと思いますが、例の京都での暴言事件、いわゆる【被害者】とされる自称韓国人俳優のユ・ミンソン氏、事件が起きた京都の某ラーメン店の玄関先で開口一番ジャカヤデスカ?(居酒屋ですか?)と言葉を発し(「こんばんは」ではなく、なぜか「いじゃかやですか?」)これを3回繰り返した後に、店内のカウンター席に座っていた男性客から「ファッキン・コリアン」(Fucking Korean!:「くたばれ、韓国人」という意味らしい)と暴言を浴びせられ、そのうちその男性客はユ・ミンソン氏の側まで歩み寄り、再び「ファッキン・コリアン!」「ゴー・アウト!」(Go out!)と罵り、店から追い払うような行動に出た。

 

さてここで、DOZ(ディーオージー)という韓国人のヒップホップユニットと自称韓国人俳優:ユ・ミンソン氏の共通点として「ざ」の発音が「じゃ」になっている点です。

先述したように、朝鮮語には「ざ」という発音が存在せず「じゃ」と発音するとのことで、本来は「ありがとうごいます」が正しい発音ですが「ありがとうごじゃいます」、そして「いかや」が「いじゃかや」になっている。

 

これらを【問題のカギ】として、今回も例の事件について書いてみました。

 

 (関連記事)

wasavi0032016.hatenablog.jp

wasavi0032016.hatenablog.jp

 

 

 

 

「ざじずぜぞ」の発音が存在しない韓国

 

なぜか理由は不明なのですが、韓国には「ざじずぜぞ」の発音が存在しないようです。

韓国人が「ありがとうごじゃいます」になってしまう理由|アラフォーから韓国マニアの果てなき野望!

※上記のブログより一部引用させていただきました。

同じように韓国人も苦手な日本語がある

ま、ヨン様とか韓流スターを見ていれば

お気づきであろうが

ありがとうごじゃいま~~す

ってなってしまう。


これは

韓国に「ざじずぜぞ

の発音がないから出来ないのだ

」と「」の区別がないからだそうだ

 

つまり、「ざじずぜぞ」の場合、「じゃじじゅじぇじょ」になってしまうようです。

少々余談ですが、「つ」の発音も存在しないようで、例えば「くえ(机)」だと「ちゅくえ」、「いくつ?」は「いくちゅ?」という発音になってしまうようです。

 

この話で思い出したは、私の知人に和歌山県出身の人がいるのですが、「ざじずぜぞ」と「だぢづでど」の発音の区別がつきにくいという特徴をもっており、これは和歌山独特のものだとその人から聞いたことがあります。「ざじずぜぞ」がどうしても「だじずぜぞ」になってしまう。(なぜだろう??)

そうかと思えば「ざっし(雑誌)」とか「ぎょうざ(餃子)」はちゃんと発音できるのですが、「ぜんぜん(全然)」の発音が「でんでん」になってしまう。

いや~最初は驚きました・・・。「なに言うてんねやろ、この人?」って感じで、戸惑うことが多々ありました。

 

これはともかく、再度、自称韓国人俳優のユ・ミンソン氏の発音を確認しておきたいと思います。

上記動画の(17秒あたりから)ジャカヤデスカ?(居酒屋ですか?)とかたことの日本語でお店の方に聞いておられますが、これを3回ほど繰り返し、すべて「ジャカヤデスカ?」と発音をしているのがわかります。

それに対し店員さんは「違います」と答え、ユ・ミンソン氏は「ソレデハ?(それでは?)」と質問をしているのがわかります。

 

そしてその後(24秒あたりから)店内から男性の声で「ファッキン・コリアン」(多分、和訳すると「くたばれ、韓国人」になるかと)と暴言が聞こえてくる。

「ファッキン・ユー」ではなく「ファッキン・コリアン」と発したのはなぜか?(普通に考えれば「ファッキン・ユー」とか「ファッキン・コリアン」なんていきなり言う人はめったにいないでしょう。)

初対面でなぜコリアン(韓国人)と判断できたのか?? このあたりいくら考えても理解できずにいましたが、この事件を取り扱った【羽鳥慎一 モーニングショー】では、この暴言を吐いた男性客に取材を行っており、初対面でなぜ韓国人だと判断したのかに対しても当該男性客は答えていた。

これについては以下に記してあります。

 

 

普通の日本人が韓国人独特のイントネーションを的確に判断することは可能か?

 

f:id:wasavi0032016:20170506180133j:plain

 (出典先)羽鳥慎一モーニングショー 2017年5月4日 170504 - YouTube

 

まず、「ファッキン・コリアン」と罵ったのは、自撮り棒を持って勝手に店に入り(正確にはお店には入らず、玄関先でいろいろとしゃべっていた)カメラを向けられたことに腹が立った(ユ・ミンソン氏は生放送中だった)、お酒も入っていてイラッときたとのこと。

そして、韓国人だと判断したのはイントネーションを聴いてとのこと。

イントネーション(intonation)とは、『音声言語において文または発話全体につけられた音の高低(音高)のパターンを言う。 音調(おんちょう)や抑揚(よくよう)とも言われる。』(ウィキより引用)ということです。

つまり、暴言を吐いた男性客は、ユ・ミンソン氏の言葉(言語)の高低とか音調、抑揚から韓国人だと判断したことになります。

 

ということは、「ジャカヤデスカ?」という「ザ」と「ジャ」による違いからする韓国人独特の発音から判断したのではないということが言えますが、では、韓国人独特のイントネーションっていったいどんな??って思いませんか!

ひょっとすると、発音の違いを含めたうえでイントネーションと答えた場合も考えられますが、実質的には意味は異なる。

 

◆普通の日本人が韓国人独特のイントネーションを的確に判断することは可能か?

正直、この問題に関しては検証にも相当時間かかるだろうし、果たして具体的な結果が出せるかどうかもわからない。

単なる発音の違いではなく、言葉の高低、抑揚から判断となると、普段から韓国人と接する機会のほとんどない(というか全くないに等しい)私にはすぐには答えは出せません。というか、一般的な日本人なら同じではないかと思います。

 

しかし、暴言を発した男性客は自称韓国人俳優のユ・ミンソン氏のイントネーションから韓国人だと判断したとのことで、これから考えられることは・・・

普段から何らかの形で韓国人と接触する機会が多く、言葉のイントネーションに馴染み、相当お酒を飲んで判断能力が低い状況でも的確に判断することが出来た

自分の家族(妻)が韓国人で普段から独特のイントネーションに馴染みがあり、相当お酒を飲んで判断能力が低い状況でも的確に判断することが出来た

自分の家族(父親又は母親等)が韓国人で上に同じ。

 

いきなり自撮り棒にカメラを片手にお店に来た外国人風の男性が発した言葉を聴き、そのイントネーションから韓国人だと的確に判断できるのは上記に掲げた条件以外には考えられないです。(ただし、今のところ。他にも条件はあるでしょうが)

例えば仕事上の取引で韓国人と接する機会が多い、或いは職場に韓国籍の人間が存在する、友人、知人に韓国人が多い、又は家族に韓国人の方が存在する、という、お酒が入って思考が多少なりとも低下している状況において、単なる言葉の違いではなく、言葉の抑揚(イントネーション)だけで韓国人だと判断できるくらいだから、相当、馴染みがなければできない【芸当】だと思います。

はじめは「イジャカヤデスカ?」という独特の発音から判断したと思っていたのですが、そうではなくイントネーション(言語の抑揚)から判断したとなると、相当、韓国人の方に馴染み深い人なのではないかと。

 

◆そもそも韓国人独特のイントネーションなんてあるのか?

問題はここです。

要は言語の高低、抑揚ですが、例えば京都に観光する外国人の多さで言えば圧倒的に中国人の方が多いようですが、この中国人などと比較して韓国人の言葉のイントネーションの違いってなんだろうか? こういう問題というのは一般の日本人には到底理解できないのではないでしょうか。

かたことの日本語でしゃべるその口調は中国人も韓国人、台湾人、他、アジア人みな同じではないかと思うのですが、それが、かたことの日本語を聴いて中国人でもなく韓国以外の他、アジア諸国の人でもなく、なぜか韓国人だと判断したのは他にはない韓国人独特のイントネーションが存在するからでしょうが、それが具体的にどのようなものなのか普通の日本人には理解できかねる問題だと思います。

的確な答えは出せませんが、問題提起として・・・。

 

 

一般的な日本人の対処方法は・・・?

 

片手に自撮り棒とカメラを手にして店内に入ろうとした外国人に対し、いきなり「ファッキン・コリアン」と抗議する日本人てどれくらいいるのでしょうね? まぁ、そこは人それぞれでしょうが、

一般的に考えられる対処方法としては・・・

 

f:id:wasavi0032016:20170506194322j:plain

※敢えてアイコンとアカウントは消してあります。

 

つまり、カメラ撮影をやめろ!とか無断でカメラをまわすな!とか、マナー違反を問うて注意するという対処方法が一般的ではないでしょうか。

 

高木美保 韓国人俳優へ差別的発言は「『撮らないでください』とだけ言えば」 - エキサイトニュース(2/2)

※上記記事より一部引用させていただきました。

同番組の木曜コメンテーター・高木美保は過去に、自撮り棒のカメラで所構わず撮りまくっている海外の観光客に遭遇。

カメラを勝手に向けられてイラっとし、「本当にやめてください」と注意した経験があることを明かした。今回の京都のラーメン店の客についても、撮らないでくださいとだけ言えばよかったのではないか―と話している。

(引用ここまで)

 

女優でタレントの高木美保氏の発言ですが、一般的に考えられるのは上記のような対処方法だと思います。ましてや追い返す必要があったのか?というのも疑問です。

 

そもそも、「ファッキン・コリアン」という必要性がどこにあったのか??

お酒を飲んでいたし、イラッとしたからとはいえ・・・ まぁ、当事者ではないし、その時になってみないとわからないことですし、人それぞれといえばそれまででしょうが、余程、イラッとしてたのでしょうね・・。

しかも、単なるお客でありながら、店員でもないのに勝手に追い返すってどういうこと?? と、いろいろ考えるときりがない状況です(苦笑)

 

 

まとめ

 

暴言を発した某男性客は、韓国人独特の発音で判断したのではなく、言語の高低、抑揚(イントネーション)から韓国人だと判断

ちゃんと検証し、データを取ったわけではありませんが、単に言葉の発音の違いによる判断ならまだしも、言葉の高低、抑揚(イントネーション)から韓国人だと判断したということになれば簡単には出来ないだろうし、相当、普段から韓国人と密接に接していなければ的確な判断は難しいだろうと思います。

一般的な日本人からすると、中国人や他アジア諸国の人と韓国人の言葉のイントネーションてどこがどう違うの??って疑問をもつと思いますが、言葉のイントネーションで中国人でもなく、他アジア諸国の外国人でもなく、韓国人なんだと判断したからには、独特のイントネーションがあるからでしょうが、普通の人にはまずわからないと思われます。

 

「撮影はやめてください」ではなく、なぜか「ファッキン・コリアン(くたばれ、韓国人)」

暴言を吐いた男性客によると、事件があった京都の某ラーメン店は4軒目で相当、お酒を飲んでおり、意識としてはよくわからない状態だった、ということですが、それにしては、【自撮り棒とカメラ】【韓国人独特のイントネーション】はちゃんと認識できているところがなんだか不思議な感じです。

ユ・ミンソン氏は日本語で話していたわけだし、だったら「こらっ!カメラを向けるな!」「撮影をやめろ!」と日本語で注意してもよさそうなものですが、なぜか「ファッキン・コリアン」てなったのは??? なぜそういう対処をしたのかがみなさん、理解できないところだと思います。(私自身も不可解でならない)

 

◆やはり自作自演か・・・!?

私自身、この事件について記事を書いてからずっと『自作自演説』を唱えているわけですが、つまり、いわゆる被害者の韓国人俳優と暴言客、あとマスコミがグルになってなんらかの目的のために一芝居うったと考える立場ですが、ますますこの線が濃いのではないかと考えてしまいました。

そもそも韓国人独特のイントネーションなんてあるのかも怪しいし、相当お酒を飲み判断能力が低下し、よくわからない状況だったにも関わらず、それとわかるイントネーションから判断できたというのも怪しい。普通にしていても簡単に判断できかねるものだと思いますが・・・。

 

ハッキリ言ってますます怪しくなってきましたよ~(苦笑)

韓国人独特の発音の違いから判断できたというのならまだ理解できますが、イントネーションですからね、安易に差別事件として片づけるのはアカンと思います。

日本は今、中国、韓国、他アジア諸国から移民がどんどん入ってきている状況、自作自演なんてやられたら、大阪で成立したような言論弾圧を伴う恐ろしいヘイトスピーチ対処条例のようなものが各地で成立し、それこそ移民天国となり、日本人は何も言えず片隅に追いやられ、やがては完全に乗っ取られる虞もあります。

 

こういった事件に対しては安易に差別事件として片づけず、自作自演としても考慮し、追求していく姿勢が必要だと思います。

過去、以下のような自作自演濃厚な事件もありました。(不審な点が多すぎる韓国人、朝鮮人が絡んだ、いわゆる差別事件)

チマチョゴリ切り裂き事件
※キムチを盗み食い事件
※韓国人観光客に対する暴力事件・わさびテロ等

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...