日本人差別法 『本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律』 の廃止を目指すブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【至極不快!】 いわゆる 『阪急バス差別切符事件』に対する羽鳥氏の問題発言について (動画より文字起こし)

いわゆる 『キム チョン・バス切符差別』事件

👍おすすめ記事セレクション


  1. 👉【いわゆる、ヘイトスピーチ解消法の実態】 大月短期大学名誉教授・小山常実さん 「ヘイトスピーチ解消法には日本人に対するヘイト、憎悪が込められている」
  2. 👉【内容も不公正・デタラメなら手続きも不公正・デタラメ!】 『不公正・出鱈目な手続きで可決されたヘイト法……参院法務委員会議事録等を読む(1)』 小山常実氏の記事より転載
  3. 👉日本人差別法(いわゆるヘイトスピーチ解消法)成立は、不逞な国会議員やマスコミによる事実関係(JR川崎駅前暴力事件)の捏造を背景としていた。
  4. 👉【日本人を差別する在日特権】 在日外国人高齢者福祉給付金について桜井誠氏と関西の活動家等が追及!(2011年:神戸市役所にて)
  5. 👉【特別永住者の特権=一般の在日外国人に対する差別特権】 特別永住資格という優遇制度について 【特別永住者の約9割が在日朝鮮民族:出稼ぎ、徴用、密入国者】

 

f:id:wasavi0032016:20161020085117j:plain

 

いわゆる『阪急バス差別切符』事件に対する羽鳥慎一氏の問題発言を伴った10月7日放送の【羽鳥慎一 モーニングショー】の一部を文字起こしさせて頂きました。

 

※関連記事

こちらの記事も併せてご覧ください。

wasavi0032016.hatenablog.jp

wasavi0032016.hatenablog.jp

 

 

いわゆる『阪急バス差別切符事件』に対する羽鳥アナの問題発言

 

羽鳥慎一モーニングショー 10月7日 161007 - YouTube

※上記動画より引用

 

左寄せの画像

(ナレーション)1枚の高速バスの乗車券、このチケットをめぐり韓国のネット上などで 日本への批判が相次いでいます。『絶対に許せない』『日本人は礼儀正しいと思っていたのに・・・』 『日本に行こうと思っていたけどやめた』 韓国YTNテレビによりますと、今年4月、大阪市内で韓国人観光客が 高速バスのチケットを購入した際、窓口で名前を聞かれ『キム』と 答えたと言います。 しかし、チケットには『キム チョン』と記されており、付け加えられた 言葉にその韓国人は差別を感じました。

 

f:id:wasavi0032016:20160908020506p:plain(チケットを購入した韓国人観光客) 「日本語がわからず英語で買っただけなのに本当に腹が立つ」

 

左寄せの画像

(ナレーション)韓国人観光客をめぐっては大阪の寿司店で大量の山葵わさびが入った寿司が 出されたと言う、いわゆる『わさびテロ騒動』が起こったばかりでした。 チケットを販売したバス会社は

f:id:wasavi0032016:20160908020506p:plain(阪急バス)「(販売した従業員は)差別的といわれている言葉の意味を理解して いなかったし、多くの人に対応するため当時のことは覚えていません。 不快な思いをさせてしまい、心からおわび申し上げたいと思っています。」

 

左寄せの画像

(羽鳥 慎一氏)「おはようございます。10月7日、羽鳥慎一モーニングショーです。 今日お伝えするニュース、こちらになります。

今、ご覧いただきましたこちら大阪ですね、韓国人の観光客が高速バスの チケットを買う時に『キム』と名乗ったところ、このような表記をされたと いうところなんですね。

まぁ、仮にこれ打ち込んだ本人に悪意が仮にですけど無いとしても、 これはもうされた方が感じればそれは差別になります。気を付けたほうが いいと思います。

----------

(文字起こしここまで)

 

★関連記事

www.honmotakeshi.com

※上記記事より転載させて頂きました。

 

日本の人気アナウンサー羽鳥慎一が、最近発生した韓国人への差別発言ニュースについて苦言を呈した。

7日の午前に放送されたテレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」では、大阪高速バスチケット売場の社員が、韓国人観光客の乗車券に民族差別的な単語を書き、韓国人が怒っているというニュースを伝えた。

今年4月、大阪を訪問した韓国人観光客のキムさんが高速バスチケットを購入したが、売場の社員が乗客の名前を書く欄に、韓国人を卑下する日本の俗語である“チョン”と書いたというのだ。

放送では、この問題が韓国のマスコミでも報道され、韓国人から「絶対許せない」「日本人は礼儀正しいと思ったのに」「日本に行こうと思ったが、止める」など、批判が相次いだと伝えた。

チケットを販売した阪急バス側は、「(販売した社員は) 差別的に使用されるこの言葉の意味を知らなかった。また、たくさんの人を相手にするため、当時のことが思い出せないと話した」と立場を明かした。

今回の韓国人差別ニュースと関連し、羽鳥アナウンサーは「もし、社員に悪意がなかったとしても、それを相手が(差別と) 感じたなら、それは差別だ。気をつけた方がいい」と注意を促した。

最近、大阪のあるすし店では、外国人観光客に大量のわさびを乗せた寿司を提供し問題になった。 

(転載ここまで)

 

 

 

問題の羽鳥発言と差別問題について思う事

 

 ハッキリもうさせて頂くと、至極不快でございます!

※問題の羽鳥発言

「もし、社員に悪意がなかったとしても、それを相手が(差別と) 感じたなら、それは差別だ。気をつけた方がいい」

 

そんなの気を付けようがないと思いませんか!? 相手がこれは差別だと感じる事が事前にわかる能力でもあれば別ですが・・・

仮に"された方"に悪意があった場合、これはどうなるのか!? 『これは差別だ』と圧をかけて謝罪と賠償を得ようと企てる【人種】というのは現実に存在しますからね。

それと過去には自作自演による差別事件まで起きている。【あの人たち】にとっては逆に差別のある方がなにかと都合が良いようです。差別を受けたとして被害者となれば多くの人が同情し味方になり、なんらかの目的を果たすのに有利になるからだと思いますが・・・

(あの民族による自作自演の差別事件でっち上げ工作)

hoi333.blog.fc2.com

www.geocities.jp

 

さて、某アナウンサーの発言は『蔑称だと知らなかった善意』の阪急バス窓口担当者に対する暴言であり、差別発言でもあると私は感じましたが、まぁ、無関係である私自身も至極不快になりました。

 

★そもそも『チョン』という表現が蔑称かどうかも疑わしい

wasavi0032016.hatenablog.jp

wasavi0032016.hatenablog.jp

 

上記のように、いわゆる『阪急バス差別切符事件』に関する記事を今までにも書いてきたわけですが、韓国人だかが言う「チョンという表現は朝鮮人に対する蔑称」というのには信憑性がいまいち感じられない。

韓国には『チョン』という表現を用いた名字の俳優や女優、モデルさんなど存在しますし、名字どころか名前にも『チョン』を用いていたり、敢えて進んで芸名にも用いている方もおられます。

そもそも蔑称となる表現を好き好んでつけたり、敢えて芸名に用いるなんて普通は考えられないことでしょう。韓国人、そして差別と決めつけ報道をしたメディアはこの辺りの事をどう説明されるのか?

 

何とも不思議なのが、『キム チョン』と切符に印字された韓国人観光客などは「腹が立った」と言っている一方で、じゃあ、『チョン』という【蔑み、馬鹿にする】という意味合いが込められた名字や名前の韓国人の方は毎日絶望して生きているのか??と・・・。

蔑称を敢えて我が子につけるなんて、酷い親だ!!と思うしかないのだろうか・・・?? 敢えて自分から進んで『チョン』という芸名にしている女優さんなどは相当変わり者として受け止めれば良いのか?

まず考えられないでしょう、こんなことは。

韓国人はともかく、日本のメディアまでが朝鮮人目線でトンデモ発言を司会者にさせ、善意の個人が差別を行ったかのように番組のトップで放送するなどと言う馬鹿げた事が行われたと言う現実は重大な事件でもあろうと思います。

それと共に、朝鮮人に対する蔑称といわれる表現が名字や名前になっている人たちも存在し、このような方々の名字や名前は蔑まれ、馬鹿にされものだと言っているのと同様であり、逆に差別をし、名誉や誇りをも傷つけているのではないかという事を問題提起しておきたいと思います。

 

★差別問題の本質とは・・・

差別という概念を一元的に悪と決めつけ考えている、いわば固定概念のようなものがあると思いますが、人間だれしも偏見、差別感情(他者を蔑み、馬鹿にするような感情)は常に心の中に持ち合わせているだろうし、一度もこのような感情を持ったことないという人と言うのはこの世の中に存在しないと思います。もし、私は差別感情など今まで抱いたこともない、と言う人がいれば、その人はきっと見栄を張っているだけでしょう。(偽善者ともいう)

いわば差別という概念は本能として備わっているものであり、時にはそれが生存していくうえで重要な役割を果たすこともあるからではないかと思います。

 

問題なのは、ある言動が差別という忌み嫌われている言動に該当すると認識し制御できるか否か!そこに理性が働き適切な対応ができるかどうかであり、

敢えて相手を貶め、不快にさせるつもりで差別的な言動を行うのが問題であって、受け手側だけの感情を優先し差別か否かを判断すると言うのはあまりにも相手の立場を無視した非合理な考え方であり、相手の尊厳を無視する差別的な考えでもあると私は思いますね。

そもそも、その受けて側とて人間、他者に対して差別的な言動を行うことだってあり得る。

 

結局、何が言いたいのかと言えば、人間は差別をする生き物であって、意図しなくとも内にある差別的な感情が表に出てしまったり、それゆえに他者を不快にさせたり、傷つけたりすることは当然の結果としてあり得るわけです。

だからと言って阪急バス窓口担当者の心のうちに韓国人に対する差別感情が存在したから、自分は意識せずとも行動となって出てしまったなどと決して述べるつもりは毛頭ないので誤解なきようお願いします。

当日の現場を逐一見たわけではありませんし、真実はその人にしかわからないこと、勝手な憶測で書くことはできません。

 

要するに、殊更に差別案件があったとしてメディアが公共の電波を使用し、挙句の果てにはトンデモ発言を交え、気をつけた方がいい!!なんていう発言をさせること自体がナンセンス!!

 

逆に言えば、某アナウンサーに「私は人間ではありません」と公共の電波を使用し発言させたのと同然だと思います。「私はいつも気を付けているので一切、差別をしたことがありません」と言わせているのと同様。

人間と言う【未熟な存在】と【本能】を否定するかのような、非常に気持ちの悪い、偽善放送を見せられ至極不快な思いをさせられたとこの場に書いておきます。

 

昔、私が学生の頃、父が申しておりました。

「差別』に対して殊更に反応し批判する者を信用するなと。

 

だから差別をしても良いなどというのではなく、なぜそうさたのか、自分にも原因があったのではないか、相手の気持ちを少しでも汲みとる努力をしたか、という自己と向き合い冷静になって物事に向き合う姿勢に事欠く一部の【ノイジィー・マイノリティー】の存在が差別と言うものを重大な問題にしてしまっている。

そしてあまり疑う事をしない大半の日本人は贖罪意識を植え込まれ、差別と言うのは非常に悪いものであり絶対にやっちゃいけないと信じ込まされ、よいように利用されている。

差別なんて言うものには人生生きていれば当然に何らかの形でぶち当たるものだし、意識せずとも自分自身がそれをする側になる場合だって当然にある。殊更にギャーギャー騒ぐこと自体がおかしい。

そもそも何が差別になるのかさえ曖昧、ただ単に個々が不快、心が傷ついた、腹が立った、ひっくるめて差別だと思えばそれが差別になるなんていえばキリがない。差別のインフレ状態を引き起こし社会が正常に機能しなくなるだろう。

 

しかし、これが国家権力者になるとまた話は違ってきますよ。強力な権力を以て国民を差別するというのは、国家の構成員としてみなしていない、保護する対象とみなしていない事の表れですから(つまり棄民)とんでもないことです。(現在の安倍政権なんてこれの典型のような政権)

また命の危険を伴うような差別案件も話は別になってきます。

 

★日本国民は【あの国】とメディア、そして国家から情報戦争を仕掛けられているという認識を持つべき

いわゆる『阪急バス差別切符事件』で批判された阪急バス窓口担当の方が別段、差別感情もなく、単に仕事上のミスで余計なものを印字してしまったとも考えられるし、又は韓国による差別事件でっち上げの為の的になった被害者である可能性もある。

実際問題として某アナウンサーの真意かどうかは不明ですが(まぁ局が用意した台本どおりに発言しただけと言えばそれまでですが)何かと差別、差別と大騒ぎをする【あの民族】に高下駄をはかせた結果になったともいえるでしょう。だから安易な発言をさせるのは余計に危険であり公の電波を利用して発言をさせたテレビ局には重大な責任があると強くここで申し上げておきたい。

今後もこの手の【差別でっち上げ事件】のようなものは起こり、喜々として反日的メディアが取り上げ日本人に対し贖罪意識を植え込むような報道を展開していくことでしょう。

単なる日本人に対する嫌がらせや虐めの類というよりも、何かを意図した情報戦争を仕掛けられていると認識し、対策を考える必要があるのではないかと思います。

これは自分にも言える事ですが、あまり感情的にならず、冷静に物事を観察し、裏にある意図はなにかを考え対処していくこと。あまりにも感情的になるのは相手の思うツボでもあり、余計にやる気を起こさせる恐れもあります(笑)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...