日本人差別法 『本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律』 の廃止を目指すブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【①-1.NHKは何故、歴史を捻じ曲げるのか?】 戦後の帰郷事業で多くの朝鮮人が渡航費を工面できずに祖国へ帰ることが困難だったかのように主張! 戦後史 第4回 猪飼野 ~在日コリアンの軌跡~より

👍おすすめ記事セレクション


  1. 👉【いわゆる、ヘイトスピーチ解消法の実態】 大月短期大学名誉教授・小山常実さん 「ヘイトスピーチ解消法には日本人に対するヘイト、憎悪が込められている」
  2. 👉【内容も不公正・デタラメなら手続きも不公正・デタラメ!】 『不公正・出鱈目な手続きで可決されたヘイト法……参院法務委員会議事録等を読む(1)』 小山常実氏の記事より転載
  3. 👉日本人差別法(いわゆるヘイトスピーチ解消法)成立は、不逞な国会議員やマスコミによる事実関係(JR川崎駅前暴力事件)の捏造を背景としていた。
  4. 👉【日本人を差別する在日特権】 在日外国人高齢者福祉給付金について桜井誠氏と関西の活動家等が追及!(2011年:神戸市役所にて)
  5. 👉【特別永住者の特権=一般の在日外国人に対する差別特権】 特別永住資格という優遇制度について 【特別永住者の約9割が在日朝鮮民族:出稼ぎ、徴用、密入国者】

 

f:id:wasavi0032016:20160926200104j:plain

 (出典先)20130727 1/2 戦後史 第4回 猪飼野 ~在日コリアンの軌跡~ - YouTube

 

今回、2013年の7月27日にNHKで放送された『戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 2013年度「地方から見た戦後」第4回 猪飼野 在日コリアンの軌跡』について取り上げ、意図的に歴史を捻じ曲げているかのようなNHKが放送した内容の問題点について書かせて頂きました。

※下記は当該番組に関するNHKのサイトです。

cgi2.nhk.or.jp

 

 

 

戦後史 第4回 猪飼野 在日コリアンの軌跡に関する問題点

 

20130727 1/2 戦後史 第4回 猪飼野 ~在日コリアンの軌跡~ - YouTube

(13分45秒から)上記動画より文字起こし

 

昭和16年、太平洋戦争が始まり、次第に戦況は悪化します。大阪も大規模な空襲に晒されました。兵器工場があった大阪城の周辺が焼き払われ、被害は猪飼野まで及びました。

昭和20年、1945年敗戦、朝鮮半島は日本の植民地支配から解放されました。当時、日本に居た朝鮮人はおよそ200万人、多くの人々は祖国を目指して山口や福岡の港に押し寄せます。

しかし、渡航や帰国後の生活費を工面出来ない人が多かったといいます。

 

f:id:wasavi0032016:20160926201332j:plain

 

「小遣い持ってる人は(朝鮮に)行ったけどな、一銭も金ない人は(日本に)残ったわけ。」

 

f:id:wasavi0032016:20160926202422j:plain

 

「戦争の後もここ(日本)来てた兄弟はずっと残って・・お金あったら帰ったかもわからへんね。」

 

 

 

昭和16年に開戦した大東亜戦争(名称は当時の内閣で閣議決定)に対し、太平洋戦争と主張する不思議なNHK

 

 まず、NHKさん、冒頭からやらかしております!

昭和16年、太平洋戦争が始まりました』と・・・。

太平洋戦争というのは第二次世界大戦の局面の一つですが(アジア・太平洋地域で行われた、日本と米国・英国・オランダ・中国など連合国との戦争のこと)、その当時の内閣(東條内閣)によりこの戦争の名称を大東亜戦争として閣議決定したのが昭和16年(1941年)です。

日本側からすると正式名は大東亜戦争であり、太平洋戦争というのは正式名ではありません。なぜNHKは当時の政府による閣議決定と異なる報道をされたのか??

 

と、考えていたところ、これに関する興味深い記事をみつけました。

左翼と大東亜戦争 | 佐藤健志 official site ”Dancing Writer”

※一部引用させていただきました。

日本のリベラル、ないし左翼は「大東亜戦争」という呼び方を戦前風でよろしくないと否定する傾向が強かったのです。

 

戦前風で何が悪いんだと言いたいところですが、リベラルとか左翼という政治的イデオロギーを持つ方々はこれだけで大東亜戦争という名称を否定したとは思えない。

よく、いわゆる保守系の論壇などからは『アジアの開放の為の戦争だった』と称して大東亜戦争が正しいと、あの戦争を正当化するときによく見受けられます、つまり、当時はアジアの一部の国を除いてほとんどがヨーロッパやアメリカの植民地でしたが、詳しくはこちらを参照→ 「ヨーロッパの植民地だった国を全部塗りつぶすと世界地図はこうなる」海外の反応 – 10000km.com

日本はその植民地とされていたアジア諸国を支配国から解放するために戦争を行ったのだという主張ですね。一部では、これは建前だとも言われているようですが・・・。

左翼勢力からすれば、日本はアジアに侵略し、中国では30万人虐殺し(これは作り話でありデタラメ)朝鮮半島を支配し、朝鮮人を強制連行したり、強姦したり、無理やり慰安婦にしたりという(これも作り話でありデタラメ)このような話を作り上げ日本を貶めたい意図があるようなので、大東亜戦争ではマズイのではないかと・・・個人的に推測していますが・・・。

 

 

在日コリアン在日韓国人朝鮮人)等を扱う放送では、必ずと言って良いほど出てくる朝鮮半島に対する『日本の植民地支配』という虚構

 

そして、これは在日コリアンなどの問題を取り扱う放送では必ずと言って良いくらい出てるく台詞!

朝鮮半島は日本の植民地支配から解放されました。

いつも思うのですが、NHKという放送会社は、植民地という概念をどのように捉えて使用されているのか? 

植民地支配といえば一般的には、軍事力を以て侵略し、強行的にその国を支配し、その地の民の自由や主権を奪って奴隷の如く利用するという、このような態様が想像されると思います。

そもそも、朝鮮半島と日本は戦争(軍事力を伴う)など行ったこともないし、1910年(明治43年)8月29日に韓国併合ニ関スル条約という国際条約を以て日本と朝鮮は併合し、朝鮮半島は日本の一地域となった。それを植民地とはどういうことなのか? 

 

f:id:wasavi0032016:20160927110423j:plain
 
f:id:wasavi0032016:20160927111632j:plain

 (出典先)属国・植民地の朝鮮

 

※太極旗が韓国の国旗として使用された過程を示す最古となる太極旗の絵だと言われており、真ん中の太極旗の上部には『大清国属』と書かれてあります。つまり当時の清(中国)の属国であったことを意味しています。

 

そもそも朝鮮半島(当時の李氏朝鮮)が日本に併合される前は、清(中国)の属国(要するに植民地)であり、主権は一切なく、李氏朝鮮の王は清の皇帝が朝鮮に遣わす家来より位は下だったとのこと。

(関連記事)

属国・植民地の朝鮮

国民が知らない反日の実態 - 日韓併合の真実

日韓併合の真実 | 正しい日本の歴史

 

まずこの部分は一切報道されたことなどないようですが、なぜ朝鮮半島の為に日本の莫大な資金をつぎ込み、インフラ整備や教育施設、他商業施設をつくり、清の奴隷状態だった朝鮮半島の人々がやっと人間としての尊厳を尊重されるような生活環境を施し、未開の地だったのを近代化させたのが史実の様ですが、これのどこが植民地なのか??

例えば、北海道や四国、九州、沖縄、そして島根県隠岐諸島など日本の植民地などとは決して言いませんが! NHKは故意に報道しているとしか思えないです。(一度、追及してみようかと考えています)

 

 

戦後の帰郷事業で日本政府は朝鮮半島出身者等の為に渡航費用等を負担していたのにもかかわらず、NHK渡航費用が工面できず帰郷出来ない人が多数存在したかの如く放送

 

そして、やっとここから本題と言った感じですが、

しかし、渡航や帰国後の生活費を工面出来ない人が多かったといいます。

NHKはこのような報道をされていますが、まるで渡航費がなくて祖国に帰れなかった人が多数存在したかの如くの印象さえ感じさせられます。

ところが・・・

ねずさんのひとりごと 朝鮮人の戦前戦後

※上記記事より一部引用させて頂きました。

日本政府は、朝鮮半島から来ていただいていた朝鮮人の方々を、じつは、戦争が終わると全員帰郷できるよう、旅費やその他全ての経費を政府が負担した上で、責任をもって送り出していたのです。

 

朝鮮人強制連行/単なる出稼ぎ 【賢者の説得力】

上記記事より一部引用させていただきました。

法務省内部資料によると、「占領軍の命令によって日本政府は引き揚げ船を準備し運賃無料」で帰国させ、昭和21年末までには約140万人が帰って行き、自分の意志で残留を希望した60万人が日本に留まった。

 

 渡航の費用【旅費)などは日本政府が負担した、運賃無料とされていますが、とすると、渡航費を工面できなかったというのは不必要な表現であるということになります。日本政府が負担したとされているのですから。(渡航費は無くても祖国に帰郷出来たという事になります)

 

f:id:wasavi0032016:20160926201332j:plain

 

小遣い持ってる人は(朝鮮に)行ったけどな、一銭も金ない人は(日本に)残ったわけ。

このように語った猪飼野(現在の大阪市生野区)在住の(当時89歳)在日コリアンの女性の方は、渡航費が一銭もない人が残ったと仰りたいのか、又は祖国へ帰ってからの生活費が無い(工面できない)から残ったという意味なのか? 主語が見えてきません。

『小遣い』という表現からすると渡航費【旅費)のことを仰っておられるのだろうと思いますが(生活費に対して小遣いと言う表現はあまり使われないからです)この辺りのことについても一度、NHKに対して追及させて頂こうかと考えているところです。

 

以上、重箱の隅を突っつくようですが、史実とは異なる放送をするということは、何がしかの意図があるからだと考え、問題点を挙げさせて頂きました。(何気ないことですが、長い歴史を持つ公共の放送局がありえない間違いをするということは、何かそこに意図があるからだと・・・)

 

その他、関連記事

在日韓国・朝鮮人

在日朝鮮人の帰還事業 - Wikipedia

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...