日本人差別法 『本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律』 の廃止を目指すブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市ヘイトスピーチ対処条例に基づき、日本人へのヘイトスピーチの被害者として大阪市役所に被害申出をされた方の動画文字起こし。そこから見えたものとは!

👍おすすめ記事セレクション


  1. 👉【いわゆる、ヘイトスピーチ解消法の実態】 大月短期大学名誉教授・小山常実さん 「ヘイトスピーチ解消法には日本人に対するヘイト、憎悪が込められている」
  2. 👉【内容も不公正・デタラメなら手続きも不公正・デタラメ!】 『不公正・出鱈目な手続きで可決されたヘイト法……参院法務委員会議事録等を読む(1)』 小山常実氏の記事より転載
  3. 👉日本人差別法(いわゆるヘイトスピーチ解消法)成立は、不逞な国会議員やマスコミによる事実関係(JR川崎駅前暴力事件)の捏造を背景としていた。
  4. 👉【日本人を差別する在日特権】 在日外国人高齢者福祉給付金について桜井誠氏と関西の活動家等が追及!(2011年:神戸市役所にて)
  5. 👉【特別永住者の特権=一般の在日外国人に対する差別特権】 特別永住資格という優遇制度について 【特別永住者の約9割が在日朝鮮民族:出稼ぎ、徴用、密入国者】

 

  ※目次に戻る場合は、ウインドウの上部左端にある矢印(戻る)をクリック!

 

 

大阪市ヘイトスピーチ対処条例は全国民が知るべき条例

 

 今年7月1日に施行された『大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例』(略称:大阪市ヘイトスピーチ対処条例)に基づいて、日本人へのヘイトスピーチの被害者として大阪市役所に被害申出をされた方がいらっしゃいます。その方の動画の内容を文字起こしさせて頂きました。

大阪市ヘイトスピーチ対処条例については、こちらを参照

大阪市市民の方へ 「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」について

 

そこから見えたものは、どのような場合に大阪市ヘイトスピーチ対処条例が適用されるのか、又は適用されないのか等の基準です。

大阪市ヘイトスピーチ対処条例というのは、大阪市民及び市内の団体に対するヘイトスピーチ(いわゆる差別扇動表現、憎悪表現)を行った者、及び直接ヘイトスピーチとされる表現活動を行わなくとも、その表現を拡散した者、これら全国民を対象に適用されるものです。

 

この条例には、大阪市民に対するヘイトスピーチと認定された表現活動を行った者、又はその表現が含まれる動画、記事等を拡散した者は、大阪市のホームページにヘイトスピーチを行った者として氏名(ネッドで使用されるアカウント名も含む)や団体名などを公表する旨の条文が存在します。(条例の第5条:拡散防止の措置及び認識等の公表

つまり、差別表現を行った者、又はこれを含むものを拡散した者として晒し者にされるというわけでございます。(これに伴う様々な弊害と憲法第13条で保障されている人格権の不当な侵害が考えられます

 

一般的には、その地方公共団体の区域内でしか適用されないというのが条例というものの概念ですが、大阪市は、北は北海道、南は沖縄まで大阪市内においてヘイトスピーチを行わなくても適用するという、とんでもない条例です。(これはあくまでも、ネット上において表現活動を行った場合です。他、当該ヘイトスピーチとされる表現物を拡散した場合も同様です)

ですから、自分は大阪市内で表現活動をしているわけではないから大丈夫!と思ったら大間違いです。全国民が大阪市へヒトスピーチ対処条例について理解をされる必要があります。

 

ヘイトスピーチとされる表現活動を行った場合の条例適用基準(画像解説)

 

大阪市ヘイトスピーチ条例に日本人ヘイトを申出したんで解説など。 - YouTube

上記の動画の内容を文字起こし、そして動画のキャプチャーを行い、その画像と共に説明をさせて頂きました。

 

2016年7月1日 大阪市ヘイトスピーチ条例が始まりました。

人権の名もとに言論表現を制限することができる秘密警察っぽい呆れた条例です。

差別意識の根強い外国であればともかく、この日本で人権を振りかざすヤツにロクなやつはいません。

今さら自分1人で文句言っても何も変わらないので、諦めて日本人へのヘイトスピーチの被害者として大阪市役所に被害申出を提出しに
行くこととしました。

大阪市人権企画課ではメンバー総出で迎えて頂き別室に連れていかれ
ましたが丁寧に対応頂きました。(事前に電話でアポ取得済みです)

ここからは人権企画課で説明されたことなど、事例を挙げて紹介します。※館内は撮影禁止です。

 

f:id:wasavi0032016:20160830170842j:plain

f:id:wasavi0032016:20160830171001j:plain

f:id:wasavi0032016:20160830171032j:plain

f:id:wasavi0032016:20160830171057j:plain

 

あなた達が強姦して産ませた子供が在日韓国朝鮮人

これはヘイトスピーチレイシズムを乗り越える国際ネットワーク(のりこえねっと)の共同代表でもある在日韓国人三世の辛淑玉氏により発せられたもののようです。

これに関する発言が日本人へのヘイトスピーチであると感じた方が大阪市役所に対して被害申出を行ったというものです。(徴兵された祖父がレイプ犯だと思わせる表現を辛淑玉氏が全国放送で行ったことに対する被害申出)

 

ヘイトスピーチとされる表現が含まれる物を拡散した場合の条例適用基準(画像解説)

 

 

f:id:wasavi0032016:20160830183206j:plain

f:id:wasavi0032016:20160830183408j:plain

f:id:wasavi0032016:20160830183502j:plain

 

では動画に賛同して拡散しているサイトがあると?

f:id:wasavi0032016:20160830204643j:plain

 

確かに存在しました、『保守速報』に当該記事が。

『ぱよ速報』は見つかりませんでした。(この『ぱよ速報』自体が存在するのだろうか・・??)

hosyusokuhou.jp

 

大阪市ヘイトスピーチ対処条例が適用される基準:大阪市外で行われたヘイトスピーチの場合(まとめ)

 

ここで見えたのは、どのような場合に大阪市ヘイトスピーチ対処条例が適用されるか否かという基準です。

f:id:wasavi0032016:20160830210039j:plain

条例が適用されない場合

大阪市ヘイトスピーチ対処条例施行前に成されたヘイトスピーチとされる表現大阪市民及び市内の団体に対するヘイトスピーチであることが条件)

これは日本国憲法第39条(事後法、遡及処罰の禁止、一事不再理)でいう、当該法律が施行される前に遡り、当時適法だった行為などを新しく出来た当該法律等で裁き罰を科してはならないという憲法上の規定ですが、これを根拠に大阪市は「とやかく言えない」としたと思います。(条文では『刑事上の責任を問われない。』とされていますが、民事でも同様です。)

条例が適用される場合:ヘイトスピーチとされる表現を拡散した者にも適用される

条例施行後にヘイトスピーチを行った表現者に適用大阪市民及び市内の団体に対するヘイトスピーチであること)

条例施行前にヘイトスピーチを行った表現者には適用されないが、条例施行前のヘイトスピーチであっても、それに賛同拡散した者には適用される。大阪市民及び市内の団体に対するヘイトスピーチであること)

 

逆に言えば、賛同していなければ条例の適用はない、或いは賛同したとしても大阪市民及び市内の団体に限定したヘイトスピーチではない場合、条例の適用はないということになります。

※いずれも、大阪市民及び市内の団体に限定したヘイトスピーチであるということです。

 

被害申出の対象表現:辛淑玉氏の具体的な発言内容

 

辛淑玉氏による具体的な発言内容はこちら

上記の動画の(約18秒あたり)から辛淑玉辛淑玉「あなた達が強姦して産ませた子供が在日韓国朝鮮人」 by nighthawk 政治/動画 - ニコニコ動画

の当該発言があります

『あのね、戦争を今起こして目の前で人を殺して殺されなければ戦争の状態がわからないのかって言ったらそれとんでもない話ですよ。

少なくとも、あなた達の周りには、その戦争の後遺症、若しくは戦争の被害、若しくは戦争の犠牲者になった人が山のようにいるわけですね。
それは何なのか、例えば在日韓国・朝鮮人はまさにそうですよ。あなた達が仕掛けて、そして例えば平和のうちに入ってきて強姦して生ませた子供が在日韓国・朝鮮人ですよ。その人たちが隣に居て、尚且つ、自分の名前で生きることも出来ない状態の社会を作っていて、それさえ気が付かなくて(以下省略)』

もうね・・日本人に対する【言い掛かり】の類でしかないといった感じの発言ですが、「あなた達」と言って、まるで戦後日本人が仕掛けたかのような言いっぷりはアウトでしょう。

戦争というキーワードからわかるように、「あなた達」とは日本人の先祖である旧日本軍を示している模様。

 

動画を拝見すると司会進行役の田原総一朗氏が出ており、毎月最終金曜の翌日土曜未明 1:25 - 4:25まで放送される全国放送の【朝まで生テレビ!】での一場面のようです。(赤文字のところ注目)

多分、朝鮮半島に対する旧日本軍の、いわゆる侵略行為で朝鮮半島の女性が強姦され、その強姦され生まれた子供が在日韓国人朝鮮人だと主張されている様子ですが、

当時は朝鮮併合(日韓併合)により朝鮮半島は日本でした。(国際条約として日本と朝鮮は合意の上、併合したのです)韓国併合ニ関スル条約によって合法的に併合し、しかも併合(合邦)を望んだのは朝鮮人の方からです。

(参考)日韓併合に関する記事

  1. 日韓併合時代の真実――日本と朝鮮が手を取り合って生きた時代
  2. 韓国併合の真実
  3. あのヨン様が絶句!日韓併合の真実 - 家政婦は見た |・∀・)
  4. 韓国併合
  5. 【歴史戦】「日韓併合は韓国政府の決断だ。韓国人はその事実に責任をもつべき」韓国側、日本側に論破され逃走
  6. 米の収奪のウソ

だから『平和のうちに入ってきて』という言い分も変ですが、強姦で産ませた子供が全て在日韓国人朝鮮人(特に特別永住者など)というのはありえないでしょう。(証拠は無いので全く存在しないとは断言できませんが、朝鮮人女性を強姦したという第一級の資料さえ存在しない)

 

韓国のタブー:ライダイハン

 

旧日本軍を強姦魔であるかのように責め立てる辛淑玉氏ですが、韓国にはタブーの一つである『ライダイハン』問題があります。

ライダイハン - Wikipedia

※一部引用

ライダイハン(ベトナム語: Lai Đại Hàn、𤳆大韓)とは、大韓民国(以下、韓国)がベトナム戦争に派兵した韓国人兵士による現地ベトナム人女性に対する強姦などの性行為によりもうけられた子供、あるいはパリ協定による韓国軍の撤退とその後の南ベトナム政府の崩壊により取り残された「敵軍の子」の意味である。

 

ベトナム戦争 - Wikipedia ←ベトナムを舞台に、アメリカ合衆国を盟主とする資本主義陣営と、ソビエト社会主義共和国連邦を盟主とする共産主義陣営との間に、第二次世界大戦後に生じた対立(いわゆる冷戦)を背景とした代理戦争、これにアメリカの同盟国・韓国も参戦し、その時に起きたベトナム人女性に対する大量の強姦事件を背景に生まれた子供をライダイハンと言います。(韓国軍の兵士とベトナム人女性との間に出来た子供)

(関連記事)

※注:閲覧注意!見るに堪えない悲惨な写真が掲載されています。自己責任において閲覧くださるようお願いします。

  1. 【閲覧注意】ライダイハンって何? ベトナム【韓国虐殺犯罪】 韓国人の本質 残酷画像残忍 国連脅し - NAVER まとめ
  2. 韓国軍がベトナムで行った非道(虐殺とライダイハン) | 韓国の捏造、蛮行 | Real Japan
  3. フォンニィ・フォンニャットの虐殺 - Wikipedia
  4. 韓国軍がベトナムで行った虐殺、強姦、放火、略奪 (閲覧注意)
  5. 韓国軍のベトナム戦争虐殺、被害者を慰霊する銅像を建立へ 作ったのは「慰安婦像」の夫妻

 

www.youtube.com

この事件が発覚したのは、多分ここ10年以内のことだと思います。つまり辛淑玉氏が発言した当時はこのライダイハン問題は公にはされず、当然、日本では全く知られてはいなかった事件だと思われます。

或いは・・ライダイハン問題を認識し、ここに世間の目が注目しないよう旧日本軍による朝鮮半島女性に対する強姦を言い出したのではないかと個人的に推測してはいますが、実際のところはどうなのか不明です。

 

在日韓国人朝鮮人が『自分の名前で生きる事が出来ない』理由とは・・

 

 『自分の名前で生きることも出来ない状態の社会を作っていて』と辛淑玉氏は日本人に対して責め立てるような口調で発言されていますが、つまり在日韓国人朝鮮人は正式名(本名である韓国名、朝鮮名)で日本で生きることが出来ない状況の社会を日本人が作ったという言い分の用ですが、

ズバリ言えば、韓国人、朝鮮人だと日本人から差別されるから本名では生きられないということでしょう。では、なぜその差別が生まれたか!原因無く発生することはまずありえない。

辛淑玉「あなた達が強姦して産ませた子供が在日韓国朝鮮人」 | 情報ごった煮ブログ Blog of Information hodgepodge (2014.09.30)

上記記事より転載

石川 久遠
在日朝鮮人通名を使い朝鮮人である事を隠すようになった訳
昭和30~40年頃は終戦直後の余韻がまだ残り『朝鮮人』と言うと、それは凶悪犯罪者を意味した。子供の頃、夜のラジオで聞くニュースは「キン…」「ボク…」など朝鮮人による事件のニュースのない日はなかった。

民族の歴史上、初の敗戦により日本人は失意のどん底に陥っていた。一夜にして文字通り茫然自失、明日をも知れぬ身の上になったのである。満州などからの引揚者の多くは着の身着のままで、朝鮮半島経由での帰国の途に着いた。そのコースなら言葉も通じるし、朝鮮半島経由が一番安全な帰国路と思えたのだろう。

それが大変な誤りであった。未開土人同然の朝鮮人に日本人は文明をもたらしてあげた。日本のように文明化された朝鮮人なら、我々日本人に便宜も図ってくれよう。…ところが朝鮮半島には塗炭の苦しみが待っていた。在住していた日本人の多くは強姦され殺されていた。

引揚者の多くも男は殺され、女は強姦され、子供は支那人に売り飛ばされるか殺された。支那残留孤児が多く生き残り、朝鮮半島には残留孤児が皆無なのも頷ける。朝鮮人は日本による人間教育の半ばでいきなり野に放たれ、ケモノに還った。事情を知った引揚者達は「女は髪を切り、顔を泥で汚し、ズボンを履いて」男の振りをした。

それでも多くの女性が朝鮮人の強姦により孕まされ、福岡県筑紫郡二日市町(現筑紫野市)にあった厚生省引揚援護庁の医療施設「二日市保養所」などで堕胎手術を受けた。麻酔薬もまともに無い時代である。どれだけの苦しみに耐えた事か。男の私には想像もできない。手術では多くの女性が命を落とした。ここに辿り着く途中の引上船から身を投げた妊婦も居たそうだ。

日本に帰国できた者の内、運の良い者は、あちこちに急場凌ぎで建てられた「引揚者寮」に入居できた。子供の頃、近くの引揚者寮の敷地内でグレーの瞳の少女と遊んだ記憶がある。ロシア人とのハーフだったのだろうか?綺麗な少女だった。何も知らずに楽しく遊んだものだ。彼女の親は辛い体験と決断を迫られたのだろう。

敗戦時に話を戻す。広大な焼け跡の中、うな垂れる暇もなく、生きるのに必死な日本人に対して、朝鮮人どもは戦勝国人と主張して「朝鮮進駐軍」を僭称した。彼らは必ず徒党を組んで日本人を襲った。下らぬ因縁を付けられては、駅のホームで撲殺されたり、路地裏で集団強姦される日本人が後を絶たなかった。当時、日本の警察官には武器の携行は許されておらず、治安は荒れ放題であった。

頼りのGHQ第三国人を「戦勝国側の者として処遇せよ」と言う始末。これに怒って立ち上がった日本の任侠ヤクザが居た。山口組を率いる田岡何某である。闇で入手した「手榴弾」などを駆使して、朝鮮人どもと市街戦を演じた。さすがのGHQも重い腰をあげ、不逞鮮人取り締まりに乗りだした。今思えば、敗戦により時代のパラダイムが変わり、日本人の普通の男達は皆 腰抜けになっていたのだ。本来なら不逞鮮人が恐れる日本男児であった筈である。

朝鮮人達は表だって暴れる事は少なくなったが、相変わらず裏では社会犯罪を続けていた。闇市を支配しボロ儲けを欲しいままにした。農家で牛を盗んで来ては朝鮮部落で解体し、当時の日本人には手に入らなかった焼肉を闇で売ったり、密造酒を売ったりして小金を貯めた。

ある程度の小金を貯めると、金貸を始めたり、一等地にパチンコ屋を開業して、更に日銭を稼いだ。こうした者の中から一端の実業家気取りの者が多く現れた。ソフトバンク孫正義父親も金貸しだった。孫は相変わらず朝鮮人なら誰でも分かる「日本人を侮蔑したTV-CM」を流し続け、在日優遇料金を設けているという。

1952年(昭和27年)にGHQが去ると、日本は急速に治安を回復した。すると朝鮮人達は誰からも相手にされなくなり、この頃から『在日に対する言われなき差別』『強制的に連行されて来た』などと嘘話を言い始めた。そういう嘘をつきながらも、在日は有利な権利を得る為に、徒党を組んで役場に押しかけて我を通してきた。こうして在日特権なるものが形づくられていった。

当時の日本人はこんな「身勝手な言い分」を誰も信じず相手にもしなかった。日本人が朝鮮人に対して「軽蔑」と「恨み」を持っているのは、敗戦時の朝鮮人の集団恐喝・強奪・ 暴行・居座り 等々、徒党を組んでの蛮行の数々の故だ。
GHQの7年弱の長きに亘る抑圧的洗脳工作の結果、大人達は朝鮮人の悪事に触れなくなった。いつしか在日共の嘘話が罷り通り出した。お前達は昔、悪い事をした日本人の子孫だから、お前達子孫が責任を取れ」 。今、韓国人は自分達の犯罪をごまかす為に、強制連行・ 従軍慰安婦など、歴史を捏造して事実を逆さまにして声高に主張している。
また、在日の中には「通名」という特権を駆使して、悪事を重ねては簡単に改名して新しい身分を手に入れて、更に悪事を繰り返している者が多い。敗戦直後は徒党を組んで役場に乗り込み、優遇を手に入れていたが、今は民団、総連などの弁護士らと関係者複数で押しかけ、大声で捲し立てる。スタイルは変わったが、今も昔も、やり口は同じという事だ。

日本人 対 在日韓国朝鮮人の間には、こういう過去の経緯(いきさつ)がある。誰がどう見ても、在日韓国朝鮮人に理はない。彼らは厄介者だ。獅子身中の虫である。

在日特権など一刻も早く剥奪し、脱税を厳しく監査し、不要な生活保護を取りやめるべきだ。そして、心から日本国民として生きる気が無いのなら、母国に送還すべきである。

韓国学校朝鮮学校などはGHQの命令で「帰国を前提」に作られた。初期の趣旨に戻して、母国への帰国後に言葉や文化の違いに困らぬ為にだけ、存続を許可すべきだ。そもそも韓国学校朝鮮学校などに3世以降の子弟がいる事自体がおかしい。

帰化人についても言っておきたい。少なくとも1910年の日韓併合後に帰化した者は、日本国への忠誠を厳正に確認し直すべきである。日の丸、君が代を国旗、国歌として受け容れるかも問い糺すべきだろう。また、地方、中央を問わず「議員」の身分を有する者は即刻「本名」に戻すべきである。朝鮮系日本人議員は、普通の日本人議員以上に、日本国への忠誠心を行動を以って示すのが当然だ。

以上、述べてきたように「在日」が本名を隠し「通名」を使いたがるには「歴史的背景」がある。敗戦時の在日一世の蛮行や今の母国の理不尽な在りかたに後ろめたさが有るからこそ、通名に隠れて生きようとする。母国に帰らぬ者は、韓国系日本人、北朝鮮系日本人として堂々と本名で生きるべきだ。

幸い2015年度から「通名制度が廃止される」模様である。至極当然で、寧ろ遅過ぎた。一世に相当する世代の母国人、在日があれだけの悪事を成したのだから、初めは差別もされよう。併し、一生懸命 日本人として生きようと努力する姿勢を示せば、いずれ日本人は受け容れる。その努力すら嫌なら帰国すれば良いだけの事である。
--------------------
日本政府、通名制度廃止が2015年に決定?なぜか韓国人に多い通名報道
http://youtu.be/us8KsLnIpBA
在日は貴方達が強姦してできた子【必見】
http://t.co/2CEdCmYE7B

 ※注:通名制度は廃止されていません。それまで幾つも通名通称名:日本名という偽名)を持つことが認められていたのが、約2年ほど前に一つしか持てないシステムとなった。(但し、自治体の裁量で変更することも可能)通名制度についてはこちらを参照→ 通名 - Wikipedia

 

大阪市ヘイトスピーチ対処条例が適用される基準:大阪市内で行われたヘイトスピーチの場合(まとめ)

 

大阪市内での発言の場合は変わってきます。

f:id:wasavi0032016:20160830212306j:plain

(動画の3分12秒あたり)

『本当にね、戦後、密入国してきて移民でも難民でもい、わけのわからないギャーギャー、ギャーギャー、騒ぐしか能のない、帰れ帰れしか言えない頭のおかしな人たちですよ」

f:id:wasavi0032016:20160830212744j:plain

f:id:wasavi0032016:20160830213019j:plain

 (動画の3分48秒あたり)

※先ほどの大阪移民難民反対デモのワンシーン

デモ隊が歩道のカウンター(在日側)に対して「ハゲ」と連呼している模様

侮蔑発言を連呼してますがこれも実は問題なしです。

f:id:wasavi0032016:20160830213350j:plain

 

 

条例が適用されない場合:大阪市内でヘイトスピーチ行った場合

他者(歩道のカウンター)がヘイトスピーチで煽り、(デモ隊が)相手に言い返して仲間が同調してヘイトスピーチを言い返した場合

 逆に言えば、相手は煽ってもおらず、先制攻撃(先にヘイトスピーチを行った場合)をしていた場合、条例が適用されるということになるかと思います。

条例施行後にヘイトスピーチとされる表現が含まれるものをネット上で大阪市内から)拡散したとしても社会問題を報道する意図での拡散の場合、条例は適用されない。

 

ヘイトスピーチとされる表現内容を拡散した者の氏名を大阪市のHPに公表できるのか!?

 

f:id:wasavi0032016:20160830215550j:plain

f:id:wasavi0032016:20160830215639j:plain

f:id:wasavi0032016:20160830215706j:plain

 

 ということですが、この場合、ヘイトスピーチを行った直接の本人だけではなく、ネット上においてヘイトスピーチとされる表現内容のものを拡散した者の氏名をも市のホームページから公表するようですが、

大阪市は「大阪市に調査権があるわけではないので一般の行政の行える範囲内で進めます』と回答されたようですが、一般の行政とは多分、警察の事を言っているのではないかと思います。(あくまでも推測です)

この場合、当該者の氏名(個人情報)を掴むには裁判所の許可がいるはずですが、プロバイダ責任制限法という法律を適用し氏名公表に至るのだと思います。(時間のある時に市に確認をとってみようと思います。)

この場合、市役所等の行政機関が直接、法律を根拠にプロバイダーへ個人情報を求めることは出来ないようです。例えば個人がネット上などで人権侵害された場合、自分でプロバイダーに対し請求するか、或いは裁判所に申し立て、警察の方で請求する形になるかと思います。(総務省に確認)

 

 

いろいろと条例を適用するには、それなりの基準があるようですが、今回、記事にしたものだけではなく他にもあるとは思いますので、これが全てではないと思います。(あくまでも基準の一部でしょう)

 

結構、細かい基準が存在するという事はわかりましたが、そもそもこれは条例という概念として考えた場合、また、表現の自由を侵害する精神的委縮効果を発生させる、そして行政による司法権の侵害行為に該当するのではないかという諸々の理由から憲法に大きく反するだろうとみています。

 

大阪市民だけではなく『大阪府民』に対する表現活動には十分注意が必要です。

 

また、大阪市民の定義が広範囲に及んでいることから、単に大阪市民に限定しているわけではないという事が条例からわかります。

条例の第2条(定義)の第3項ではこのようになっています。

この条例において「市民」とは、本市の区域内に居住する者又は本市の区域内に通勤し若しくは通学する者をいう。

 

大阪市以外に居住し、大阪市内に通勤したり通学する者も【大阪市民】の定義に含めている模様。大阪でも池田市貝塚市門真市茨木市、他などの公共団体は存在しますが、

例えば大阪市に通勤、通学する池田市民、貝塚市民、門真市民、茨木市民は全て【大阪市民】として扱うわけです。ということは大阪市民及び市内の団体に限定しているからと言って安心できないということです。

つまり、大阪府に住所をおく人たち(大阪府民)に対するヘイトスピーチを行ったり、当該表現物を拡散すると条例が適用される虞がありますので、注意が必要です。

 

大阪市はこのような尋常とは思えない、とんでもない「市民」の定義を作り、自公が成立させた日本人差別法(いわゆるヘイトスピーチ解消法)でさえ罰則のない理念法に留めているにも関わらず、氏名を公表すると言う罰則まで存在します。

大阪市・・・やりたい放題でございます。非常にけしからん!と日本国民全員が怒らなくてはならない状況でございます。

 

ということで、この条例について語るとキリがないので、今回はこれくらいにしておき、これからも追及して参ります。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...