日本人差別法 『本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律』 の廃止を目指すブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【千円札・逆さ富士の謎⑤】陰謀論者と不当なレッテルを貼り付け印象・情報操作と論点すり替え、アク禁をして逃走を図るWJFプロジェクト

 

f:id:wasavi0032016:20170305173715j:plain

 

 

(序文)

約一週間ほどでしょうか? 千円札に描かれている富士山(湖面に映る逆さ富士)、これが中東はシナイ半島に存在するシナイ山であるとする説、いわゆる陰謀論といわれるもの、そして明確な根拠もなく、ただただ観念だけで断固として否定し、他者に陰謀論者(心の病、精神病者)、デマゴギストと不当なレッテルを貼り付け不当なバッシングを行ってきたWJFプロジェクトの問題を記して参りましたが、

今日、ふとWJFプロジェクトのブログを覗いてみると、なにやら此方に陰謀論者と不当なレッテルを貼り付けたり、アク禁すると記してあることがわかりました。しかし、アク禁といってもちゃんといつも通りにWJFプロジェクトのブログは見れますが(笑)

つまり、あちらさんは此方の様々な指摘により四面楚歌に追い込まれ、この問題に幕引きをして、本来自分がやるべき訂正や謝罪をすることなく逃走を図ろうとしているのではないかと見えるのです。

そういった姑息なWJFプロジェクトの有様を今回、記してあります。

 

※まずこの件に関して何が何だかわからないという方は、下記の関連記事をご参照ください。

(関連記事)

wasavi0032016.hatenablog.jp

wasavi0032016.hatenablog.jp

wasavi0032016.hatenablog.jp

 

(デタラメなWJFプロジェクトの言い分と論点のすり替え

 

f:id:wasavi0032016:20170305175423j:plain

(出典先)WJFプロジェクト 間違えたときにどう振る舞うか

 

1.「同じ富士山に見えない」と言っているだけで「富士山ではない」とは言っていないのだから沢村直樹はデマを流してはいなかったとあなたは言うが沢村直樹は、「千円札の湖面の山は富士山ではない」と発言していた。

 

上記のWJFプロジェクトのコメントですが、多いに瑕疵(間違い)があります。『「同じ富士山に見えない」と言っているだけで「富士山ではない」とは言っていないのだから沢村直樹はデマを流してはいなかったとあなたは言うが』という部分について。

私がいつ、沢村氏はデマを流していなかったと主張したのだろうか?このような事は一言も主張したことはないですが。

現状では、千円札に描かれている富士山(湖面に描かれている逆さ富士)がシナイ山であるという説を自身の放送で語った沢村氏に対し、WJFプロジェクトは明確な根拠もなくデマだ、陰謀論だと一方的に断じ、強硬的にデマだ、陰謀論だということにしようとしてるわけですが、私はこのWJFプロジェクトの不当なやり方を指摘し問題にしているのであって、

実際、真相はわからないのであり、デマかどうかもわからない。(逆さ富士が富士山として描かれたのか、シナイ山として描かれたのか不明)だからデマを流していなかったなどと主張できるわけがないのです。

 

これは何度も書いてきた、そしてWJFプロジェクト本人にも伝えたことですが、真実は千円札に岡田紅陽の作品「湖畔の春」をモデルにデザインし富士山及び逆さ富士を描いた国立印刷局の工芸官及びその関係者以外知る余地もない。

ところが、千円札の富士山及び逆さ富士は、『湖畔の春』をそのまま忠実に模写したのではなく印刷局が独自のデザインをして描いたものであったにも関わらず、『湖畔の春』の上に千円札の富士山及び逆さ富士を重ね合わせ、ほら!忠実に模写している、同じだ!富士山に間違いないと言いい、沢村直樹氏はデマをいった、間違っていた、陰謀論だとした批判記事を書いたWJFプロジェクトにデマだ、間違いだ、陰謀論だという資格は本来ないはず!

 

wjf-project.info

 

仮にWJFプロジェクトが印刷局の工芸官として千円札の逆さ富士を紛れもない富士山として描いたのであれば堂々と沢村氏は間違いだ、デマだ、陰謀論だと言える資格は十分ありますが、そうではないのです。

WJFプロジェクトは国立印刷局とは無関係で素人の一般人です。しかも、一致するはずもない『湖畔の春』と千円札の富士山等を重ね合わせて反証し、ほら富士山だ、忠実に模写されていると観念だけで決めつけ大騒ぎしているだけ。それで沢村氏は間違っている、デマゴギストだ、陰謀論だと断じているその幼稚なやり方に疑問を呈し、これまで反論をしてきたわけです。

 

そして、『沢村直樹は、「千円札の湖面の山は富士山ではない」と発言していた。』と主張するWJFプロジェクトですが、このような断定的な言い方を沢村氏は本当にしていたでしょうか?

 

f:id:wasavi0032016:20170301014617j:plain

 

上記は、こちらの動画の沢村氏の発言をWJFプロジェクトによって書き起こされたものです。→ 沢村直樹界隈「デマを流しても構わない」(ユダヤ陰謀論・日本保守同盟_零) - YouTube

 

まず、一つずつ沢村氏の発言を見ていきます。

山中湖に映ったものって富士山反射したものなのかなって気がするんです。・・・湖面に映ったやつが富士山だとするならば、雪化粧の部分と、雪のかかってない部分の比率とか、あれってやっぱおかしいなと思う。誤解をされたくないなら日本銀行にちゃんとしてほしい。・・・これほんとに富士山写したものなのって言われてもしょうがない。疑われないように日本銀行にちゃんとしてほい。

 

上記の沢村氏の発言から読み取れるものとしては、『富士山反射したものなのかなって気がするんです』と言っているように、「富士山ではない」と断定しているようには思えません。あくまでも富士山ではないのではないかという疑念を抱えている、つまりハッキリとはわからない状況。

その疑念を抱くに至った理由として『湖面に映ったやつが富士山だとするならば、雪化粧の部分と、雪のかかってない部分の比率とか、あれってやっぱおかしいなと思う。』とそれなりに理由を述べて疑念を呈しているわけです。

この時点ではどこにも「富士山ではない」と断定的に述べている個所は見当たりません。

 

そして、沢村氏は疑念を抱くに至った理由を前提に次のように語っておられるようです。

皆さん千円札だして、富士山なのか考えてほしいんですよ。逆にいうと富士山とも言えないでしょ。皆さんもう一回考えてほしいんですよ。シナイ山じゃなかったらいいですよ。じゃあ逆に富士山なの?・・・ただね、自分で確認するということしてほしいの。千円札出して。だからいいよ。なんぼレッテルはられたっていいよ。ただね、千円札だしてちゃんと自分の目で確認してね、湖面に映っているやつ、ちゃんと富士山って言えるの?逆に。

 

青い部分のところに注目して頂きたいのですが、私には、富士山として描かれていないのではないか?という疑念による発言、つまり疑心暗鬼といった状況にあると感じられます。ここでも「富士山ではない」という断定的な発言は見られません。

 

そして、以下は書き起こしの最後の部分です。

俺、逆にWJFさんに言いたいのはね、なんぼレッテル貼って、三百回でも、五百回でも動画作ってかまわんよ、これは。ただ、あれに関して逆に富士山って言えるの?湖面に映ったやつ。

 

青い部分、クエスチョンマークがついてますが、要するにここでも沢村氏は疑心暗鬼の状態で問題提起されているような状況です。どこにも「富士山ではない」などと断定的な発言は見られません。

沢村氏は理由もなく疑心暗鬼になっているのではなく、千円札に描かれている富士山と逆さ富士を比較したときの雪景色の態様に違いを感じ、富士山に見えるのか?と疑問を呈している状況だと感じられます。

 

f:id:wasavi0032016:20170226114621j:plain

 

上記は、写真家・岡田紅陽の作品である『湖畔の春』をモデルにして国立印刷局が独自にデザインした千円札に描かれている富士山と湖面に映る逆さ富士です。

沢村氏は、この千円札に描かれている富士山と逆さ富士を比較し、湖面に映る逆さ富士は富士山を反映させたものなのか(富士山を反映させたという前提で描かれたものなのか)という疑問を呈しているわけですよね。

私の感想としては、仮に自分が何も知らない状態であれば何一つ疑問を持たず富士山が湖面に反映したものだろうと素直に感じると思いますが、富士山として反映させたものなのかと問われると、そういえば何か違和感を感じる、富士山と湖面の逆さ富士の雪景色の態様の違いが気になる、富士山か!と問われればちょっと考えてしまう。このように私自身も現状では疑心暗鬼の状況です。

 

そもそも今の時点では、万人が納得できるような明確な根拠もないにも関わらず、これは富士山ではないとか、シナイ山だと断定できるわけがないのです。

つまり、WJFプロジェクトが言う「沢村直樹はデマを流してはいなかった」なんて此方が言えるはずもない。根拠もない時点でデマかそうでないかなどわからないにも関わらず、言えるわけがないのです。

 

(真実を知るのは国立印刷局の工芸官と関係者のみ!WJFプロジェクトではない)

f:id:wasavi0032016:20170305193556j:plain

 (出典先)独立行政法人 国立印刷局 - お札の基本情報~現在発行されているお札~

 

 上記は、独立行政法人国立印刷局・お札の基本情報より千円札の基本情報についてキャプチャーさせて頂いたものですが、赤い線の部分を抜き出したものが以下の内容です。

 

裏面には、世界遺産に登録された富士山と日本を象徴する花である桜を描いています。

 

 WJFプロジェクトの支援者らしきユーザーから、この国立印刷局のデータを以て「ちゃんと富士山だと書かれてある」として反論を受けましたけど、

そもそも公の機関が「建前は富士山ですが、実は富士山ではなくシナイ山です」なんて書いて公表できるわけがないと思いませんか!(苦笑)そりゃあね、富士山を描いていると書くに決まっているじゃないですか。だからと言って本当に富士山として描いたという反証にはならないでしょう。

こちらは何度も、真実を知るのは千円札に描いた工芸官とその関係者しかいないと伝えてきたように、本当の事は当事者でなければわからないことであって、国立印刷局として本当に真実を公表しているかどうかもわからないから反証にならないという考えの下、主張してきたわけです。

 

中には何を根拠にしているのかわ不明ですが、シナイ山だと断定的に主張したり、WJFプロジェクトのようにいい加減な反証をして見せたり、観念だけで富士山だと断定したりと様々ですが、ハッキリ言ってどちらもいかんですよ!印刷局の工芸官に直接インタビューなりして真実を明らかにするという、それ相当の反証をしてみせるならまだしも、どちらも根拠が曖昧です。

 

(WJFプロジェクトの滅茶苦茶な言い分!赤い全体主義者か?)

そして、以下は滅茶苦茶なWJFプロジェクトの言い分です。

 

f:id:wasavi0032016:20170305201803j:plain

 

画家はそれぞれのやり方で、個性的な富士山を描くだろうが、富士山の絵が、他の富士山の絵や現実の富士山と異なっているからと言って、「富士山には見えない」ということにはらならないし、まして「富士山ではない」ということにもならない。

 

上記は、あくまでもWJFプロジェクト個人の考え方であって、一般論として受け取らないほうがいいと思います。

 

人間はそれぞれ様々な価値観やものの考え方、視点をもっているのが当たり前であって、上記の発言からするとWJFプロジェクトの考え方が絶対的なものであるという、まるで全体主義を思わせる危うさを感じる。自分の価値観、考え方にそぐわないものは否定するといった、そういう傲慢さが私には感じられるわけです。

 

「富士山には見えない」ならそうだろうし、一方でなにがなんでも「富士山だ」と言い張るWJFプロジェクトのような視点や価値観、それならそれでいいことでしょう。それをなぜ、死にもの狂いになって自分の価値観や視点が絶対的に正しいものであるかの如く他者の視点や価値観を否定しなければならないのか??

沢村氏自身は、あくまでも「富士山には見えない」ではなく、これは本当に富士山なのか?」と疑念を呈し、疑心暗鬼になっているだけの事であって、根拠もなく「富士山ではない」などということは勿論、言ってはいません。

 

wasavi0032016.hatenablog.jp

 

上記の記事に、沢村氏と【ようずん】氏の、千円札の富士山の件でやり取りをしている場面を書き起こし掲載していますが、その中での沢村氏の発言から感じられるものとしては、氏自身は、千円札に描かれている逆さ富士に対して「富士山ではない、シナイ山だ」と信じ込んでいる様子はなく、ただ、他者(銀行関係者)からシナイ山だという話を聞いたから自分の放送でしゃべったという、何気なさを感じるわけです。

 

しかし、一方で、千円札に描かれる富士山と湖面に映る逆さ富士の雪景色の態様に違いを感じ、「この逆さ富士は、本当に富士山が湖面に反映したものなのか?」という疑心暗鬼の状況にある。つまり、自分でもどうしようもない複雑な状況でしょうね。

と、こちらが勝手に沢村氏の内心を推測してみましたが、様々な発言を拝見していると、このような状況に感じられるわけです。

 

そして、WJFプロジェクトによるもう一つの滅茶苦茶な言い分がこれです。

3. 「千円札の湖面の山がシナイ山でない」と断言するならその確実な根拠を出せとあなたは言うが、確実な根拠を出さなくてはならないのは、「千円札の湖面の山はシナイ山だ」というデマを流す、ユダヤ陰謀論者の側である。

 

自分は殊更に他者を否定して見せておいて、シナイ山説を唱える人が根拠を出すべきだと主張しているWJFプロジェクトですが、

じゃあ、あんたはつべこべ言わずに黙ってろ!と言いたくなりますね。他者に対して陰謀論だとか、デマゴギストだと罵り否定するのであればそれ相当の明確な根拠を出してやるのが筋ってもんですよ。それが出来ないのであれば引っ込んでろ!ってことですよ。

それをシナイ山説を唱える人にだけに根拠を出すべきとは?どれだけ勝手な言い分なんだろうと思いますが。

 

要するにですね、WJFプロジェクトのバッシング方法は完全にマズイわけです。自分にそれ相当の根拠があってやるならまだしも、特に沢村氏の場合は「富士山ではない、シナイ山だ」と断定しているわけではなく、あくまでも疑心暗鬼の状態にあるわけです。このような疑心暗鬼の状況にある人をデマゴギストだ、陰謀論者だ、心の病だなんだとバッシングするのは不当であり、道理に反する。

 

結局、WJFプロジェクトは、沢村氏に対し自分の観念(思い込み、勘違いなど)から不当に叩いているだけのことであって、いろいろと突っ込まれると論点をすり替え、ある時は情報操作や印象操作で他者を貶めるというやり方で逃げ切ろうとする、これがWJFプロジェクトやっていることです。

あるいは、観念以外のもの、たとえば逆さ富士に関してなにかを隠蔽しようとしてやっているのか?という場合も考えられます。

 

全く以て子供じみた、幼稚な言い分にあきれ果てましたよ。どれだけ卑怯で無責任なんだと。

 

(まるで日本軍慰安婦詐欺ビジネスに加担した詐欺師連中のように、不当なレッテルを貼り、嘘をつき続けるWJFプロジェクト)

 

f:id:wasavi0032016:20170305211359j:plain

 (出典先)WJFプロジェクト コメント欄のくだらない議論の結論

 

 「桜咲、うざい」なのだそうです。(笑)

なにが【うざい】のか知りませんが、最後の最後まで自分の非を認めず、不当なレッテルを貼り付け、言ってもいないことを書きたて印象操作、情報操作に励んでいるようです。

 

「千円札に描かれた湖面に映る山は富士山ではなくシナイ山である」

 

これまで何度も、何度も書いてきたと思いますけど、上記のような事を今まで一度も主張したことはございません!

先に書いたように、明確な根拠もないにも関わらず、シナイ山である、なんて言えるわけがないでしょう。

こちらはあくまでも、千円札の富士山及び逆さ富士とモデルとなった『湖畔の春』を比べて違和感を感じ、実は逆さ富士はシナイ山であるとか、又はアララト山トルコ共和国に存在する火山で、旧約聖書に出てくるノアの方舟が行き着いたとされる説がある)であるなどの説(根拠は至って曖昧)を知り、疑心暗鬼(富士山なのか、他の山なのか不明)の状況。勿論、WJFプロジェクトにも伝えてあります。

しかし、こういう嘘を敢えて書くのはどういうことだろう。結局、最後には自分が恥をかくだけだと思いますが。

 

などというデマを世の中に垂れ流すユダヤ陰謀論者は、恥知らずなデマゴギストである。

とっとと地獄に墜ちなさい。

 

 明確な根拠もなく、しかも、「富士山ではない、シナイ山だ」と断定しているわけではないにも関わらずデマだ、ユダヤ陰謀論だ、デマゴギストだと観念だけで他者を不当に罵るファシストも地獄に堕ちなさい、と言いたいですが(苦笑)

しかも、この人、嘘を書いてるんですよ。こちらは何度もそういう事は言っていないと伝えてきたにもかかわらず。(根拠がないのだから断定できるわけがない。)

 

(偽善者)

他者の嘘やデマ、間違いは許せないが、自分の嘘やデマ、間違いはOK!ってことでしょうね、この人の言動から察するに。

 

f:id:wasavi0032016:20170305173715j:plain

 

上記は、WJFプロジェクトの主張ですが、WJFプロジェクトは、自分の間違いを修正せず、言い訳をしたり、持論に固執して逃げ回ってきました。だから【心にもないWJFプロジェクトの戯言】とレッテルをしました。

一般的には、こういう人を偽善者といいます。

 

wjf-project.info

 

WJFプロジェクトがどんな間違いをしたかといえば、決して同じ富士山及び逆さ富士であることが証明できるはずがないにも関わらず、『湖畔の春』と千円札の富士山及び逆さ富士を重ね合わせ、日銀は忠実に再現している、富士山に間違いないと反証をしてみせていますが、結局、デタラメもいいところで、ここを指摘されると、くだらない言い訳と持論(しかもカルト的)に固執して自分の間違いを正当化しよとする。

 

wasavi0032016.hatenablog.jp

 

いよいよWJFは詰んだな、と思ったのは、幼稚な論点のすり替えと情報操作に出たこと。(上記の記事を参照)

間違いを正しいものであるかのように論点のすり替えや情報操作を仕掛けて、自分の正当化を図る事ばかりに必死になり、最後は嘘、デタラメ、印象操作、レッテル貼りで排除しようとする。とてもではないですが、あのような立派なお説教を並べる人物と同一人物とは思えない。

 

ということで、結局、自分の主張を正当に根拠づける証拠が出せないから逃げたということでしょう。

アク禁するといった割には、いまでもWJFプロジェクトのブログは閲覧できますが、多分、コメントができないようにしたのではないかと思います。

この問題でWJFプロジェクト側が今後どのような展開を繰り広げるかというのも気になりますので、引き続き【監視】して参ろうかと思います。

 

(関連記事)

wasavi0032016.hatenablog.jp

wasavi0032016.hatenablog.jp

 

wasavi0032016.hatenablog.jp

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...